2012年03月28日

早春の飛騨路を行く~③白川郷へ





集落へ渡る釣り橋の上から見た景色・・・





雪解けで増水して流れは早くなってましたが

川はとてもきれいな色をしていました。



さぁ、いよいよ









世界遺産の集落へ~






おぉ!合掌造りや~~~(^O^)




・・・とちょっと興奮気味になりましたが

散策の前に、まずは腹ごしらえ♪


名古屋で食べたモーニングが、まだ胃袋に残ってるけど・・・





薪ストーブに当たりながら

他のお客さんのテーブル眺めてると





だんだん食欲湧いて来ました~(^^ゞ




席について、それぞれ好きなものを注文♪




定番ですね~





白川郷で作られるお豆腐は、水分が少なくて堅く

お味が濃厚です♪





陶板焼きのヤマイモには

早春の香り”こごみ”が乗っていました♪




広いお店ですが、おばちゃんひとりが

「はいよ~、まってちょ~だいよ~♪」と元気に走り回ってお給仕、

待ってる時間も長かったんですが、こんなお店なので








おなかいっぱいになってから、お店を出ると



隣に・・・





はいはいicon10要るで、もちろん!


旅モードで

別腹も複数用意してあります(*^^)v







ほんま、

よぅ食べるなぁ~、アタシたち(^^ゞ





甘酒であったまってから、

国の重要文化財に指定されている民家の見学に~






・・・とその前で





雪投げ合ってはしゃぐ娘とオトウサンicon10


雪の無い地方から来たもんで(^^ゞ



行くで~~~(=_=)









築300年・・・

合掌作りの屋根は、「ススキ」なんだそうで、

中から囲炉裏の煙に燻されて防虫、防腐効果が強まり

昔は50年に1回、

今は昔ほど火を使わないので30年に1回

吹き替えてるんだそうです。



熱のこもる






地下では、ここで出る蚕のフンを集め

人のおしっこや泥を混ぜて火薬を作っていて

それが村の重要な収入源になってたそうです。




建物には釘を1本も使ってないそうで・・・


縄で括って屋根を固定!?






火に弱い建物の中で、囲炉裏を使いながらの暮らし、

それが今もこんなにたくさん無事に残ってるなんて

うん、やっぱりすごい集落やなぁ~~~




家の庭先には水路が走っていて

水際まで階段で降りられるようになっていました。





きっと、洗濯したり、野菜洗ったり、

暮らしの中に生きていた水場なんでしょうね。



水に手を浸けている長女を写真に収めた直後、

二女のおふざけで

危うくドボンと突き落とされそうになっていました~~~icon10



なにアホやってんねん・・・・  もぅ(ーー;)










次に続きます・・・・









<もりこまある出演ライブ情報>



ハートの会チャリティーライブ

4月15日(日)中央コミュニティーセンターにて

*詳細は後日掲載します




植松淳平と愉快な仲間たちライブ

4月19日(木)ライブハウス「ヴィンテージ」にて

*詳細は後日掲載します




マジカルライブハウスツアー

6月2日(土)アビーロードにて

*詳細は後日掲載します







<ご協力をお願いします>

愛護センターと保健所のボランティアとして
いつもご一緒させていただいているpopontaさんが
台風12号被災犬についての情報を公開されています。
ご協力をよろしくお願いいたします。

詳細は、コチラ(↓クリック)をご覧ください。

「popontaの独り言」より「ご協力お願いいたします」





同じカテゴリー()の記事画像
長崎&黒川温泉の旅
東京弾丸ツアー~その②仲見世通り
東京弾丸ツアー~その①お芋三昧
シンガポール!その2~「ホテル インターコンチネンタル」
ただいまぁ~~っ(^^)/
早春の飛騨路を行く~④村内散策
同じカテゴリー()の記事
 長崎&黒川温泉の旅 (2016-06-10 08:40)
 東京弾丸ツアー~その②仲見世通り (2015-05-08 10:56)
 東京弾丸ツアー~その①お芋三昧 (2015-05-07 10:08)
 シンガポール!その2~「ホテル インターコンチネンタル」 (2014-07-16 16:39)
 ただいまぁ~~っ(^^)/ (2014-07-15 17:19)
 早春の飛騨路を行く~④村内散策 (2012-03-29 08:47)

Posted by まある at 09:14│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。